Google Search Date Limiterをその後も微修正…

細かい変更で、バージョン0.6.3になりました。たまに動かない時がある気がしますが、そんな時は何回かやってみたりページをリロードしたりしてみてください…。

8 Replies to “Google Search Date Limiterをその後も微修正…”

  1. ありがとうございます。
    更新がなかったので、てっきり自分の環境のせいだと思って諦めておりました。

  2. sinさん、コメントありがとうございます。

    うまく動かないことがあったら、お気軽にコメントください。(すぐに対応できるかは分かりませんが…。)

    今回の修正は無理矢理な感じなので、うまく動かない場合もあるかもしれません…。

  3. 以前にも一度報告をさせていただきました、秋風です。
    Googleにログインした状態だと、Google search date limiterが動かなくなってしまったようです。ログアウトしていれば問題ありません。
    検索欄の横に期間選択のボックスは出るのですが、そこから期間を設定しても結果に反映されません。何度もリロードしたり、Firefoxのアドオンをグリモン以外全部オフにしたりしてみましたが、ダメなようです。
    何度もお願いをして申し訳ありませんが、対応を検討いただけますと幸いです。
    当方の環境はFirefox23です。

  4. 秋風さん、お久しぶりです。
    ご報告ありがとうございます。

    自分のところでも、PCによってうまく動いたり動かなかったりなので、時間を見つけて調査してみます。

  5. Google Search Date Limiterが動かない件ですが、自分のとこで動かなかったのは、Google Search Date Limiterがなぜか最新版でなかたことが原因でした。最新版をインストールしたら動くようになってしまったので、対応は動かない現象が出るまで様子見にします。

    いわゆるGoogleバー(ページ最上部の黒い帯)の変更の影響かなとも思うのですが、自分のところでは新旧どちらのGoogleバーでも動いてるので、関係ないかもしれません…

  6. dgb管理人様、確認ありがとうございます。
    いただいたコメントで思い当たることがあり、ログインした状態としていない状態を比べてみました。

    ログインした状態だと検索結果のURLが異様に長くなり、ランダムっぽい英数字がいっぱいついていました。
    Google Search Date Limiter で期間を指定して検索した場合、URLの末尾に期間を示すパラメータが付与されますが、元になるURLが妙に長くてランダムなせいで、その動作がうまくいっていないのでしょうか…?
    関係あるかどうかわかりませんが、一応報告させていただきます。

    以下は、ログインした状態で「google」と検索したときのURLです。
    「gs_l=serp」以降の英数字は検索するたびに変わります。
    https://www.google.co.jp/search?hl=ja&site=webhp&q=google&oq=google&gs_l=serp.3..0l10.4223.6828.0.6988.12.7.3.2.2.0.205.917.4j2j1.7.0….0…1c.1.27.serp..0.12.944.Yl90KTpEwf0

    Google Search Date Limiter ではなく、Googleのオプションで「1年以内」を指定した場合のURLです。
    https://www.google.co.jp/search?q=google&hl=ja&site=webhp&source=lnt&tbs=qdr:y&sa=X&ei=d2hOUsKzD8erlAXkg4B4&ved=0CB8QpwUoBQ&biw=1185&bih=860&dpr=1
    ↓のようなURLになることもありました、
    https://www.google.co.jp/search?hl=ja&biw=1185&bih=860&site=webhp&tbs=qdr%3Ay&q=google&oq=google&gs_l=serp.12…0.0.0.12660.0.0.0.0.0.0.0.0..0.0….0…1c..27.serp..0.0.0.Nx5HJm6uL7U

  7. 秋風さん、コメントありがとうございます。

    たしかに余分なものが付いてますね…。自分のところではこんな感じでスッキリしてるので、影響は分かりませんが、違いがあるようです。
    https://www.google.co.jp/webhp?hl=ja#hl=ja&newwindow=1&q=google

    他のアドオンの影響か、あるいはGoogleのABテストのせいか、何でしょうね?
    いずれにしろ、自分のところで再現できないと対応は難しそうです…

    ちなみに、長いURLの中で期間を指定しているのは”tbs=qdr:y”(URLエンコードされた場合は”tbs=qdr%3Ay”)の部分なのですが、Google Search Date Limiterではこれを付けたURLに遷移させることにより期間指定を実現しています。
    ただし、以前のGoogleの仕様変更により遷移させることがうまく実行されなくなったため、タイムラグを入れて少し送らせて遷移させるようにしています。この遅らすのが短すぎるとうまく遷移しない(逆に長すぎると待たされるのが嫌)ので、遅らせる時間は適度に調整しました。

    もしかしたら、秋風さんの環境でもこの時間を調整すれば遷移するようになるかもしれません。
    可能なら、Google Search Date Limiterのスクリプトの後ろから4行目あたりの”800″を、もうちょっと大きな数字にして試してみてください。

  8. 管理人様、コメントありがとうございます。
    私も友人に試してもらったところ、友人は管理人様のように短いURLで、当然Google Search Date Limiterも動きました。
    どのような条件でランダムな数値がつくのかがわからないです…、Googleのみぞ知る、でしょうか。

    スクリプトの数値を2000~5000ぐらいに書き換えてみましたが、状況は変わらずでした。
    FirefoxもPortable版を新しくダウンロードして、アドオンはGreasemonkeyのみにして試しましたが、やっぱりダメでした。
    この状況ですと、やはり修正は難しそうですね…。

    あれから色々いじっているうちにFirefoxにプライベートモードのタブを開くアドオン(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/private-tab/)を見つけて、これの中でならGoogle Search Date Limiterが動きました。
    とりあえずこのアドオンと組み合わせて使っていこうと思います。

    色々アドバイスありがとうございました。
    これからも愛用させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください