Greasemonkeyをいくつか更新しました

Userscripts.orgで公開しているFirefox用のGreasemonkeyのうち4つを更新しました。

変更内容は下記のとおりです。

 

Google Instant URL Filter (0.2.1)

  • 非表示(グレイアウト)にされた検索結果がPDF等だった場合にファイル種類を表す文字列がグレイアウトしない問題を解消

 

Google search date limiter (0.4.3)

  • 期間を指定して検索された場合の待ち時間を0.9秒から0.5秒に短縮(あまり短すぎるとインスタント検索と干渉して問題になるので、とりあえずこれで様子見)

 

Postgres Newest Docs (ja) (0.2.0)

  • 全面的に改良し、URL構成によって正しい最新ページに遷移できない問題を解消(といってもたいしたスクリプトではないですが)

 

QA site ordering by No. (0.1.1)

  • http://windows.php.net/qa をQA系サイトと誤判定する問題を解消

 

使いながら気づいたことをチョコチョコ直してきたのをやっとUpdateした、という感じです。

2 Replies to “Greasemonkeyをいくつか更新しました”

  1. Google search date limiterを愛用させていただいてます。
    こちらで報告していいのかわかりませんが……
    ここひと月程度のことだと思うのですが、同スクリプトが動作しなくなっているようです。ドロップダウンで期間を選んでも、期間が指定されず、普通の検索になってしまうようです。
    お手数ですが確認いただけましたら幸いです。

  2. あ、ほんとですね。コメントありがとうございます。
    (最近諸事情によりChromeを使うことが多かったこともあり気づきませんでした。)
    すぐに対応できるか分かりませんが、時間を見つけて調べてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください