Google Mapper V3 バージョンアップ(0.5.0)

Google Maps API V3を使ってお手軽に地図を表示するJavaScriptライブラリ、 Google Mapper V3をバージョンアップしました。0.5.0です。

主な変更点は下記のとおりです。(一部、前バージョンと互換性が無いので注意してください。)

  • load()によりGoogle Maps APIのJavaScriptを手軽に読み込めるようにした。(もうURLを調べなくてもいいよ。)
    load()を使うと、表示しているWebページがhttps(SSLにより暗号化されている)の場合は、Google Maps APIのJavaScriptもhttps版を取得する。
    また、load()はAdSense等の追加ライブラリにも対応している。
  • OverviewMapControl(地図の右下に表示される縮小地図)が表示されるようになった。
    それにともない、showOkinawa()で表示する沖縄のミニ地図はOverviewMapControlの上の位置に移動した。
  • setStreetView()を追加した。デフォルトではストリートビューの写真は地図上に表示されるのでストリートビューを表示している間は地図が非表示になるが、setStreetView()を使えば手軽に地図とストリートビューを並べて表示することができる。
  • addMarker()で追加したMarkerを配列で保持するようにして、getMarkerIndex()で配列内Indexの取得、removeMaker()でMarkerの削除ができるようにした。(Markerの管理が容易になった。)
  • Markerの独自拡張(openInfoWindow()を追加していた)をやめて、代わりにMarkerの吹き出しを開くopenMarkerWindow()を追加した。
  • Markerの吹き出しの内容を取得するための関数名を、getInfo()からgetMarkerInfo()に変更した。
  • ジオコーディングのコールバック関数をsearchCallback()から無名関数に変更した。
  • ジオコーディング後には該当の場所に吹き出しを表示するようにした。

 

今回は0.5という区切りにふさわしく(?)、重要なパーツを多く含むバージョンアップとなりました。
Google Maps APIに興味のある方は、どうぞGoogle Mapper V3をいじってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください