Google Mapper V3に現在位置取得機能を追加しました

Google Mapper V3をバージョンアップしました。バージョン0.7.0です。

変更点は、Geolocation APIを使って現在位置を取得できるようにしたことです。
要するにnavigator.geolocation.getCurrentPosition()を呼び出すというのが主な処理なのですが、その前後の面倒そうなことも合わせてやるので、呼び出す側は楽になります。
まあ、どちらかと言えば、Geolocation APIの使い方の覚え書きという側面が強いかも…

主にスマートフォンで使われる機能ですが、PCでも無線LANのあるノートPC等ならまあまあ使えます。(古いIEは使えません。新しいIEは…使えるのですが…残念です。)

でもiPhoneだとgetCurrentPosition()だけでなく、watchPosition()とか使ったりしないとうまく取得できなくてタイムアウトしているようですが、とりあえず今回はそこまで追ってません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください