Google Mapper V3をちょっとバージョンアップ(0.6.1)

Google Mapper V3を微修正したました。IEで動かないバグの修正と、load()でGoolge Maps APIのJavaScriptを読み込む場合に位置情報使用有無のパラメータであるsensorを指定できるようにしました。

で、このsensorとtrueにすると、ブラウザが対応していればユーザーの位置情報が取得できます。(Firefoxはデフォルトでは許可を求めてきます。Androidでは設定で位置情報を使えるようにしておく必要があります。)
スマートフォン向けの地図表示などでは需要があるのではないでしょうか。

で、試しに、Google Mapper V3で現在地を取得する動作サンプルを作ってみました。
スマートフォンでGPSを使えばもちろんかなり正確な場所が分かりますが、GPSを使わなくてもGeolocation APIは無線LAN等からある程度場所を特定できます。ノートPCとFirefoxの組み合わせでも、意外に正確な場所が取得できました。興味のある方は上記のサンプルで試してみてください。
(無線LANの使えないPCなどではかなり残念な結果になります…。)

追記:IE(9)では無線LANが使える環境でも残念な結果になってしまいました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください