Pryn.js & Pryn.cssバージョンアップ(0.2.5)

読み込むだけでWebページの「おもてなし度」を向上 – Pryn.js & Pryn.css [ゼロと無限の間に]

Pryn.jsの主な変更点

  • HTML5のautofocus属性に対応(autofocus未対応のブラウザでもautoでfocusできる)
  • HTML5のplaceholder属性に対応(placeholder未対応のブラウザでも、テキストボックスに未入力の場合のみメッセージをグレイアウトで表示できる)
  • select要素の選択されているoption要素を簡単に取得できるfunctionを追加(Pryn.getSelected())
  • 四角いBOXをちょっとだけ角丸っぽく見せられるfunctionを追加(Pryn.round())
  • formをsubmitした時のマウスカーソルを「待ってる」感が出るものに変更
  • Stringを拡張してword2regexp()を持たせるのをやめた

Pryn.cssの主な変更点

  • importするYUIのCSSのスキームをスキーム指定無しからhttpsに変更(スキームなしだとIEが2回読み込んでしまう問題を回避するため)
  • テキストボックスの背景色を変えたときに枠線の見た目が変わらないようにした(IE6は非対応)
  • ボタンの見た目のブラウザ間の差異を小さくした。かつ、ボタンを押しやすいように左右のpaddingを広めにした
  • フォントはIE7・IE8はメイリオ、Macはヒラギノ角ゴ、それ以外はブラウザの設定のフォントになるようにした
    (IE6やFirefoxは設定しないとClearTypeが有効にならないので自動でメイリオにするのはやめた。ブラウザの設定等でメイリオにしている人にはFirefox等でもメイリオになる)
  • リンクの色を綺麗な青等にした
  • 角丸(border-radius)のブラウザ別のサンプルを入れた

なんかゴチャゴチャしてきたので、JavaScriptはjQueryベースで書き直したくなってきた。

CSSはjQuery UI CSS Framworkベースで?でもYUIないとクロスブラウザ的に辛いかな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください