アメリカのAmazon.com新着商品をRSSでチェックできるサービスを作った

New Arrivals RSS Feed Generator

構想3ヶ月、製作10時間。アメリカのAmazon.comの新着アイテム情報をRSSフィードで購読できるサービスを作った。要は、最新作をRSSでお届け!のUS版。

本の場合は著者、映画の場合は監督や俳優(女優)など好きなキーワードで検索できる。

商品のカテゴリは、DVDや本・CDはもちろんのこと、アパレルから携帯まで幅広い。MP3ダウンロードやKindleストアなんてカテゴリもある。

円高な今日この頃、アメリカのAmazon.comで割安な買い物はいかが?

New Arrivals RSS Feed Generator

で、ここからは技術的な話。

今回CSSフレームワークとしてYUI2(Reset・Fonts・Grids・Base)、jQuery UI CSS FramworkとPryn.cssを併用した。YUIとjQuery UIが共存できることが分かったのは大きな収穫。
残念なのはjQuery UIのbuttonがIEで角丸にならないこと。filterを使ってボタンらしく見せることで妥協した。

また、HTMLにはHTML5を使った。いわゆるVideoやCanvas等の「HTML5的」な目立つ使い方はしていないが、単にValidなHTMLを書くというだけでもHTML5はシンプルで使いやすい。
もうこれからはHTML5だけでいいと思う。(携帯も早くHTML5が標準にならないかな。)

しかしAmazon Product Advertising API(かつてAmazon Web Serviceと呼ばれていたものが何回かの改名を経て今はこの名前)の統一性の無さには困った。カテゴリによってsortのパラメータがバラバラ。場合によっては同じsortパラメータでもsort順が正反対。と思ったらReferenceが間違っているだけだったり。実際に動かしてみないと何が正しいかわからない。登録されてるデータもいい加減そうだから、あまり正確なsort順は期待できないかも...。

何はともあれ、New Arrivals RSS Feed Generatorをよろしくお願いします。 🙂

映画祭・映画賞の受賞データを一覧できるサイトを作った

映画の殿堂 The Red Carpet

世界3大映画祭の受賞作とか、並べてみたいなあと思って作った。

アカデミー賞、カンヌ、ベルリン、ベネツィア映画祭の受賞作・受賞者を一覧できる他、映画祭を横断して(たとえば監督賞という切り口で)一覧して見ることもできる。
各映画や監督、俳優のページにはWikipediaとAmazonへのリンクを付けておいたのが地味に便利。

だいぶ前に作ったが、ある程度データが貯まったので公開。古いデータについても少しずつ足していく予定。

[最新作をRSSでお届け!]に、作者やタイトルでの絞り込み検索機能を追加

[本・CD・DVDの新刊・新作の発売をRSSフィードでお知らせします](無料)新作のリリースを毎日チェック!

これまではキーワードによる全般的な検索のみだった。それはそれで意外なものがヒットしたりして面白かったが、忙しい人にはもっとそのものズバリの情報が欲しいはず。

なので、作者(著者・アーティスト・出演者)やタイトル(書名・CDタイトル・DVDタイトル)のみでのキーワード検索ができる機能を追加した。