DB不要、JavaScriptのみで郵便番号から住所を取得できるツールを作った

GAddress Finderを作りました。

郵便番号を元に、Google日本語入力APIからJSONPで住所データを取得します。
そしてそれをいい感じに住所入力フォームにセットします。
さらに、郵便番号にハイフンが入っていない場合はハイフンを入れて、数字やハイフンが全角の場合は半角にします。

これを応用すれば、郵便番号だけでなくいろんなものを変換したりリストアップしたり色々なことができそうで夢が広がりますが、とりあえず何も思いつきません。(時間があったら調べようかな?)

 

掘出市場モバイル版(Beta)スタート

掘出市場を携帯電話のWebブラウジングに対応させた。対象はdocomo、au、Softbank、あと事情によりNokia。メジャーな機種ならたいてい大丈夫だと思う。

下のQRコードから携帯電話でアクセスできるはず。

QRコード(QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です)

実は掘出市場の携帯対応はこれが2回目。かなり最初の頃から携帯対応していた。

ただし携帯対応とはいっても、最初のそれはauでなんとか見られるという程度のものだった。

  • 文字コートはUTF-8だし。(今ならdocomoでもUTF-8で概ねOKだけど。)
  • 外部スタイルシート読み込んでるし。

その後、掘出市場のリニューアルがあり、それ以降は携帯のことは無視していた。

しかしここで一念発起して、携帯対応してみた。

やったことは、

  • 文字コードをShift_JISにした。PHPで実質的に2行でできた。(いろんなことを考えると携帯はShift_JISの方が無難みたい。)
  • 英数字とカタカナを全て半角にした。これは数行。
  • ヘッダーとフッターを限界までシンプルなHTMLにした。携帯はHTML(cHTML?)で充分。docomoでインラインのスタイルシートが使えなくなることなんか気にしないのさ。
  • CSSの使用をほとんどやめた。docomoで使えないし。文字に色付けたかったらfont要素使うさ。

これぐらいか。

モバイルAdSenseは以前にやったし。(現在ゼロ円。通算で。)

後は辛抱強くGoogleのモバイルボットを待とう。