Pryn.js & cssバージョンアップ(0.2.4)

読み込むだけでWebページの「おもてなし度」を向上 – Pryn.js & Pryn.css [ゼロと無限の間に]

主な変更点(js)

  • フォームSubmit後にフォームを凍結する時間を3秒から5秒に変更
  • 古いSafariがDOMContentLoadedに対応していないことによる問題を解消
  • 表(table)を簡単にシマシマにできる機能を追加

主な変更点(css)

  • 読み込むYUIのCSSを2.7.0にバージョンアップ
  • disabledなform要素はマウスカーソルをそれにふさわしいものに変更(IEは一部のみ対応)
  • Googleのカスタム404ページのCSSを取り込んだ

Yahho Carendar バージョンアップ(0.4.0)日付範囲の限定が簡単に

YUIのJavaScriptカレンダーを日本語化&ポップアップ対応&祝日も表示 – Yahho Calendar [ゼロと無限の間に]

主な変更点

  • カレンダーで選択可能な最初の日と最後の日をそれぞれ指定できるようにした
  • カレンダーを表示中にカレンダー以外の場所をクリックされた場合、カレンダーを閉じるようにした
  • CSSの指定を少し簡略化
  • YUIのバージョンアップにともないロードするYUIのバージョンを2.6.0から2.7.0に上げた

本当はフォーカスが外れたらカレンダーを閉じるというのも盛り込みたかったけど、色んなケースに対応するのが大変そうなので断念。残念。

Yahho Calendarで選択できる日を限定する場合の設定方法

YUIのJavaScriptカレンダーを日本語化&ポップアップ対応&祝日も表示 – Yahho Calendar [ゼロと無限の間に]

メールで質問を頂いたので、Yahho Calendarで選択可能な期間を限定する場合のサンプルを作った。

改めてみると、多国語対応したせいで、YUI Calendarのconfigをいじる方法が少し分かりづらくなっていたことに気付いた。 🙁

Pryn.js & Pryn.css バージョンアップ(0.2.3)

読み込むだけでWebページの「おもてなし度」を向上 – Pryn.js & Pryn.css [ゼロと無限の間に]

Pryn.jsの主な変更点

  • IEでlabel要素内のimg要素をクリックしてもチェックが付かない問題を解消
  • ページのunload時に、操作不可にしていたformを操作可能に戻すようにした

Pryn.cssの主な変更点

  • YUIのホスティング元を米Yahoo!からGoogleに変更
  • 上記に伴い、httpsのページではYUIのロードもhttpsになるようにした

Yahho Calendaer バージョンアップ(0.3.2)6ヶ国語に対応

YUIのJavaScriptカレンダーを日本語化&ポップアップ対応&祝日も表示 – Yahho Calendar [ゼロと無限の間に]

主な変更点

  • 従来の日本語・英語・中国語に加えて、韓国語・スペイン語・ポルトガル語に対応した
  • YUIのファイルのホスティング元を米Yahoo!からGoogleに変更
  • そこで、httpsのWebページの場合、YUIのファイルもhttpsでロードする。(上記ホスティング元の変更に伴い、httpsでYUIのファイルをロードすることが可能になった。)

Yahho Calendar バージョンアップ(0.3.0)CSSファイルが不要に

YUIのJavaScriptカレンダーを日本語化&ポップアップ対応&祝日も表示 – Yahho Calendar [ゼロと無限の間に:Sandbox]

これまでCSSファイル(YahhoCal.css)を読み込んでSytle設定していたのを、JavaScriptの中でやるようにした。

CSSを別ファイルにしていたのはサイトごとの変更しやすさを考えてだったが、自分で使う分には変更することもなかったので読み込む手間を減らすためにJSに統合。

JavaScript内では変更しやすいように、YahhoCal.CAL_STYLEというハッシュ(連想配列)に設定したい内容を入れておけば反映されるようにした。

なんかスッキリ。 😉

QR This!のGreaseMonkey版をリリース

今見ているWebページのURLをQRコードで表示する – GreaseMonkey版 QR This! [ゼロと無限の間に:Sandbox]

先日作ったQR This!をさっそくGreaseMonkeyにしてみた。といってもGoogle Chart APIのURL以外は全て書き換えだけど。

同様のFirefoxの拡張もあるけど、別ページに表示されるので、自分としては同じページにあったほうがよいかと思って作ってみた。

普段はOFFにしとかないとうっとおしいけど。

Firefoxの拡張作るのも楽しそうだけど、GreaseMonkeyの方がお手軽だからつい楽をしてしまう。

QR2UのQRコードをGoogle Chart APIのものに変更

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

地味~に活用されているQR2U(きゅーあーるとぅーゆー)のQRコード画像を、Google Chart APIで作成したものに変更した。これならJavaScriptでもできる...が、わざわざJavaScriptを使うこともないのでサーバサイドの処理も一応残した。

画像ファイルのフォーマットがWindowsビットマップ形式からPNGに変わったので、利用範囲は広まった。ホストするのがGoogleなのでサーバ等も今までより安定するでしょう。

文字コードをShift_JISにするのは結構盲点だった...。

なお、これまでに作成されたQRコードもそのまま使えます。

Yahho Uploader バージョンアップ(0.2.0) Flash Player10に対応

アップロードの進捗状況が分かるプログレスバー付きのJavaScript製ファイルアップローダー – Yahho Uploader [ゼロと無限の間に:Sandbox]

Flash Playerの機能拡張に伴いセキュリティが強化された関係で、Flashを使ったアップローダーはみんな仕様変更が必要になった。YUI Uplaoderも仕様変更になり、APIが変わった。以前はbrowse()でファイル選択ダイアログを出せたけど、ユーザーのクリック等をトリガーにしないといけなくなった。

で、いろいろ苦労したけどYUI Uploaderのバージョンアップに対応できた。(途中、もうやめようかと思った。)

以前はフロント側ではJavaScript1ファイルのみですんだけど、これからはそれに加えてボタン画像も準備する必要があるのがちょっと残念。ボタン画像もYUIからサーブしてくれればいいのに。