QR2UのQRコードをGoogle Chart APIのものに変更

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

地味~に活用されているQR2U(きゅーあーるとぅーゆー)のQRコード画像を、Google Chart APIで作成したものに変更した。これならJavaScriptでもできる...が、わざわざJavaScriptを使うこともないのでサーバサイドの処理も一応残した。

画像ファイルのフォーマットがWindowsビットマップ形式からPNGに変わったので、利用範囲は広まった。ホストするのがGoogleなのでサーバ等も今までより安定するでしょう。

文字コードをShift_JISにするのは結構盲点だった...。

なお、これまでに作成されたQRコードもそのまま使えます。

掘出市場モバイル版(Beta)スタート

掘出市場を携帯電話のWebブラウジングに対応させた。対象はdocomo、au、Softbank、あと事情によりNokia。メジャーな機種ならたいてい大丈夫だと思う。

下のQRコードから携帯電話でアクセスできるはず。

QRコード(QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です)

実は掘出市場の携帯対応はこれが2回目。かなり最初の頃から携帯対応していた。

ただし携帯対応とはいっても、最初のそれはauでなんとか見られるという程度のものだった。

  • 文字コートはUTF-8だし。(今ならdocomoでもUTF-8で概ねOKだけど。)
  • 外部スタイルシート読み込んでるし。

その後、掘出市場のリニューアルがあり、それ以降は携帯のことは無視していた。

しかしここで一念発起して、携帯対応してみた。

やったことは、

  • 文字コードをShift_JISにした。PHPで実質的に2行でできた。(いろんなことを考えると携帯はShift_JISの方が無難みたい。)
  • 英数字とカタカナを全て半角にした。これは数行。
  • ヘッダーとフッターを限界までシンプルなHTMLにした。携帯はHTML(cHTML?)で充分。docomoでインラインのスタイルシートが使えなくなることなんか気にしないのさ。
  • CSSの使用をほとんどやめた。docomoで使えないし。文字に色付けたかったらfont要素使うさ。

これぐらいか。

モバイルAdSenseは以前にやったし。(現在ゼロ円。通算で。)

後は辛抱強くGoogleのモバイルボットを待とう。