Styled by PHP-manual.css
機能
PHP Manual

リモートファイルの使用

php.iniallow_url_fopenを有効にした場合、 ファイル名をパラメータとする関数の多くで HTTP および FTP のURL を使用することができます。加えて、 includeinclude_oncerequire および require_once 命令でURLを使用することができます (PHP 5.2.0 以降では、これらで使用するためには allow_url_include を有効にする必要があります)。 PHPがサポートしているプロトコルに関する詳細は サポートするプロトコル/ラッパーを参照してください。

例えば、リモートWebサーバーにファイルをオープンし、データを出力、デー タベースクエリーに使用するか、単にWebサイトのスタイルに合わせて出力 を行うことが可能です。

例1 リモートページのタイトルを得る

<?php
$file 
fopen ("http://www.example.com/""r");
if (!
$file) {
    echo 
"<p>Unable to open remote file.\n";
    exit;
}
while (!
feof ($file)) {
    
$line fgets ($file1024);
    
/* タイトルとタグが同じ行にある場合のみ動作します。 */
    
if (preg_match ("@\<title\>(.*)\</title\>@i"$line$out)) {
        
$title $out[1];
        break;
    }
}
fclose($file);
?>

(正しいアクセス権限を有するユーザーとして接続した場合には) FTPサーバーにファイルを書き込むこともできます。 この方法では、新規ファイルを作成することのみができます。 既存のファイルを上書きしようとした場合には、 fopen()の処理は失敗します。

'anonymous' 以外のユーザーで接続を行う場合、URL の中で 'ftp://user:password@ftp.example.com/path/to/file' のようにユーザー名 (そして多分パスワードも) 指定する必要があります (Basic 認証を要求された際に HTTP 経由でファイルをアクセスする場合と同じ種類の構文を使用することができます)。

例2 リモートサーバーにデータを保存する

<?php
$file 
fopen ("ftp://ftp.example.com/incoming/outputfile""w");
if (!
$file) {
    echo 
"<p>Unable to open remote file for writing.\n";
    exit;
}
/* データをここに書きます。 */
fputs ($file$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'] . "\n");
fclose ($file);
?>

注意:

上の例からリモートログに書きこむためにこの手法を使用することを考えるかも しれません。 しかし残念ながら、リモート上のファイルが既に存在する状態では fopen()をコールすることができないため、 それはできません。 分散ロギングのようなことを行うには、 syslog() の使用を考えてみてください。


機能
PHP Manual