Styled by PHP-manual.css
関数処理 関数
PHP Manual

create_function

(PHP 4 >= 4.0.1, PHP 5, PHP 7)

create_function匿名関数 (ラムダ形式) を作成する

警告

この関数は PHP 7.2.0 で 非推奨になります。この関数に頼らないことを強く推奨します。

説明

string create_function ( string $args , string $code )

指定したパラメータにより匿名関数を作成し、その関数のユニークな名前を返します。

警告

この関数は、内部的に eval() を実行しているので、 eval() と同様にセキュリティ上のリスクがあります。 さらに、パフォーマンスやメモリ使用効率の面でも問題があります。

PHP 5.3.0 以降を使っている場合は、この関数ではなく、ネイティブの 無名関数 を使うべきです。

パラメータ

通常、argsには、シングルクオートで括った文字列を 指定し、code の場合も同様に指定することが推奨されます。 シングルクオートで括った文字列を使用する理由は、パース時に変数名を保護するためです。 ダブルクオートを使用した場合には、\$avarのように変数名を エスケープする必要があります。

args

関数の引数。

code

関数のコード。

返り値

一意な関数名を表す文字列、あるいはエラー時に FALSE を返します。

例1 create_function() による匿名関数の作成

この関数を使用すると、(たとえば) 実行時に取得した情報をもとにして関数を作成できます。

<?php
$newfunc 
create_function('$a,$b''return "ln($a) + ln($b) = " . log($a * $b);');
echo 
"新しい匿名関数: $newfunc\n";
echo 
$newfunc(2M_E) . "\n";
// 出力
// 新しい匿名関数: lambda_1
// ln(2) + ln(2.718281828459) = 1.6931471805599
?>

もしくは、パラメータリストに一連の処理を行うことができる 一般的なハンドラ関数を定義できます。

例2 create_function() による一般的な処理関数の作成

<?php
function process($var1$var2$farr)
{
    foreach (
$farr as $f) {
        echo 
$f($var1$var2) . "\n";
    }
}

// 数学関数群を作成します
$f1 'if ($a >=0) {return "b*a^2 = ".$b*sqrt($a);} else {return false;}';
$f2 "return \"min(b^2+a, a^2,b) = \".min(\$a*\$a+\$b,\$b*\$b+\$a);";
$f3 'if ($a > 0 && $b != 0) {return "ln(a)/b = ".log($a)/$b; } else { return false; }';
$farr = array(
    
create_function('$x,$y''return "some trig: ".(sin($x) + $x*cos($y));'),
    
create_function('$x,$y''return "a hypotenuse: ".sqrt($x*$x + $y*$y);'),
    
create_function('$a,$b'$f1),
    
create_function('$a,$b'$f2),
    
create_function('$a,$b'$f3)
    );

echo 
"\n無名関数群の最初の配列を使用します\n";
echo 
"パラメータ: 2.3445, M_PI\n";
process(2.3445M_PI$farr);

// 文字列処理関数群を作成します
$garr = array(
    
create_function('$b,$a''if (strncmp($a, $b, 3) == 0) return "** \"$a\" '.
    
'and \"$b\"\n** Look the same to me! (looking at the first 3 chars)";'),
    
create_function('$a,$b''; return "CRCs: " . crc32($a) . ", ".crc32($b);'),
    
create_function('$a,$b''; return "similar(a,b) = " . similar_text($a, $b, &$p) . "($p%)";')
    );
echo 
"\n無名関数群の二番目の配列を使用します\n";
process("Twas brilling and the slithy toves""Twas the night"$garr);
?>

上の例の出力は以下となります。

無名関数群の最初の配列を使用します
パラメータ: 2.3445, M_PI
some trig: -1.6291725057799
a hypotenuse: 3.9199852871011
b*a^2 = 4.8103313314525
min(b^2+a, a^2,b) = 8.6382729035898
ln(a)/b = 0.27122299212594

無名関数群の二番目の配列を使用します
** "Twas the night" and "Twas brilling and the slithy toves"
** Look the same to me! (looking at the first 3 chars)
CRCs: -725381282, 342550513
similar(a,b) = 11(45.833333333333%)

ラムダ形式の (匿名の) 関数の最も一般的な使用法は、 コールバック関数を作成することでしょう。たとえば array_walk() あるいは usort() などで使用します。

例3 コールバック関数としての匿名関数の使用法

<?php
$av 
= array("the ""a ""that ""this ");
array_walk($avcreate_function('&$v,$k''$v = $v . "mango";'));
print_r($av);
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
  [0] => the mango
  [1] => a mango
  [2] => that mango
  [3] => this mango
)

文字列の配列が、短い順に並べ替えられます。

<?php

$sv 
= array("small""larger""a big string""it is a string thing");
print_r($sv);

?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
  [0] => small
  [1] => larger
  [2] => a big string
  [3] => it is a string thing
)

長い順に並べ替えます。

<?php

usort
($svcreate_function('$a,$b','return strlen($b) - strlen($a);'));
print_r($sv);

?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
  [0] => it is a string thing
  [1] => a big string
  [2] => larger
  [3] => small
)

参考


関数処理 関数
PHP Manual