get_resource_type

(PHP 4 >= 4.0.2, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

get_resource_typeリソース型を返す

説明

get_resource_type(resource $resource): string

この関数は、指定したリソースの型を取得します。

パラメータ

resource

評価されるリソースハンドル。

戻り値

指定された resource がリソースであった場合、 この関数はその型を表す文字列を返します。この関数で型が判別できなかった 場合は、戻り値は文字列 Unknown となります。

もし resourceresource でない場合、 この関数は null を返し、エラーを発生させます。

例1 get_resource_type() の例

<?php
$fp 
fopen("foo""w");
echo 
get_resource_type($fp) . "\n";

// PHP 8.0.0 以降では、以下を動作しなくなりました。curl_init 関数は CurlHandle オブジェクトを返すようになったからです。
$c curl_init();
echo 
get_resource_type($c) . "\n";
?>

上の例の PHP 7 での出力は、このようになります。

stream
curl

参考