Styled by PHP-manual.css
PHP オプション/情報 関数
PHP Manual

phpinfo

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

phpinfoPHP の設定情報を出力する

説明

bool phpinfo ([ int $what = INFO_ALL ] )

現在の PHP の状態に関する、多くの情報を出力します。出力される情報には、 PHP コンパイルオプションと拡張機能、PHP のバージョン、 サーバー情報と環境(モジュールとしてコンパイルされた場合)、 PHP の環境、OS バージョン情報、パス、構成オプションのマスター およびローカルの値、HTTP ヘッダ、PHP License などがあります。

システムの設定はそれぞれ違うため、実行時設定 や 利用できる 定義済みの変数 を調べるために phpinfo() がよく使われます。

また、phpinfo() には EGPCS (Environment, GET, POST, Cookie, Server) の情報が含まれているため、デバッグツールとしても便利です。

パラメータ

what

以下にあるconstantsビット値をひとつまたは 複数個を加算して、オプションのwhat引数に 渡すことによって出力をカスタマイズできます。 それぞれの定数やビット値をor演算子 で結んで渡すこともできます。

phpinfo() のオプション
名前(定数) 説明
INFO_GENERAL 1 configure オプション、php.ini の場所、ビルド日時、 Web サーバー、オペレーティングシステム等。
INFO_CREDITS 2 PHP クレジット。phpcredits() も参照ください。
INFO_CONFIGURATION 4 ローカルおよびマスタの、現在の PHP ディレクティブの値。 ini_get() も参照ください。
INFO_MODULES 8 ロードされているモジュールと、それぞれの設定。 get_loaded_extensions() も参照ください。
INFO_ENVIRONMENT 16 $_ENV で取得できる環境変数の情報。
INFO_VARIABLES 32 EGPCS(環境変数・GET・POST・クッキー・サーバー変数)から すべての 定義済みの変数を表示します。
INFO_LICENSE 64 PHP ライセンス情報。» ライセンス FAQ も参照ください。
INFO_ALL -1 上記のすべてを表示します。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.5.0 ロゴの GUID がデータ URI に置き換わりました。そのため、expose_php をオフにしても phpinfo() の結果には何も影響が出なくなりました。クレジットも、リンクではなく出力に埋め込まれるようになりました。
5.2.2 "Loaded Configuration File" 情報が追加されました。これまでは "Configuration File (php.ini) Path" しかありませんでした。

例1 phpinfo() の例

<?php

// すべての情報を表示します。デフォルトは INFO_ALL です。
phpinfo();

// モジュール情報だけを表示します。
// phpinfo(8) としても同じです。
phpinfo(INFO_MODULES);

?>

注意

注意:

PHP 5.5 より前のバージョンでは、 expose_phpoff の場合、一部の情報は表示されません。 これにはPHPとZendのロゴ、そしてクレジットが含まれます。

注意:

CLI モードを利用している場合、phpinfo() は HTML ではなくプレーンテキストで結果を出力します。

参考


PHP オプション/情報 関数
PHP Manual