ソケット 関数

目次

  • socket_accept — ソケットへの接続を許可する
  • socket_addrinfo_bind — 与えられた addrinfo から、ソケットを作成してバインドする
  • socket_addrinfo_connect — 与えられた addrinfo から、ソケットを作って接続する
  • socket_addrinfo_explain — addrinfo に関する情報を取得する
  • socket_addrinfo_lookup — 与えられたホスト名に関する getaddrinfo の内容を配列で取得する
  • socket_bind — ソケットに名前をバインドする
  • socket_clear_error — ソケットのエラーまたは直近のエラーコードをクリアする
  • socket_close — ソケットリソースを閉じる
  • socket_cmsg_space — メッセージバッファサイズを計算する
  • socket_connect — ソケット上の接続を初期化する
  • socket_create_listen — 接続を受けつけるためにポートにソケットをオープンする
  • socket_create_pair — 区別できないソケットの組を作成し、配列に保存する
  • socket_create — ソケット(通信時の終端)を作成する
  • socket_export_stream — ソケットをカプセル化したストリームに、ソケット拡張リソースをエクスポートする
  • socket_get_option — ソケットのオプションを取得する
  • socket_getopt — socket_get_option のエイリアス
  • socket_getpeername — 指定したソケットのリモート側に問い合わせ、その型に応じてホスト/ポート、あるいは Unix ファイルシステムのパスを返す
  • socket_getsockname — 指定したソケットのローカル側に問い合わせ、その型に応じてホスト/ポート、あるいは Unix ファイルシステムのパスを返す
  • socket_import_stream — ストリームをインポートする
  • socket_last_error — ソケットの直近のエラーを返す
  • socket_listen — ソケット上で接続待ち(listen)する
  • socket_read — ソケットから最大バイト長まで読みこむ
  • socket_recv — 接続したソケットからデータを受信する
  • socket_recvfrom — 接続しているかどうかによらず、ソケットからデータを受信する
  • socket_recvmsg — メッセージを読む
  • socket_select — 与えられたソケットの配列に対し、指定した有効時間で select() システムコールを実行する
  • socket_send — 接続したソケットにデータを送信する
  • socket_sendmsg — メッセージを送信する
  • socket_sendto — 接続しているかどうかによらずソケットにメッセージを送信する
  • socket_set_block — ソケットリソースをブロックモードに設定する
  • socket_set_nonblock — ソケットリソースを非ブロックモードに設定する
  • socket_set_option — ソケットのオプションを設定する
  • socket_setopt — socket_set_option のエイリアス
  • socket_shutdown — 受信、送信、または送受信用のソケットをシャットダウンする
  • socket_strerror — ソケットエラーの内容を文字列として返す
  • socket_write — ソケットに書き込む
  • socket_wsaprotocol_info_export — WSAPROTOCOL_INFO 構造体をエクスポートする
  • socket_wsaprotocol_info_import — 別のプロセスからソケットをインポートする
  • socket_wsaprotocol_info_release — エクスポートした WSAPROTOCOL_INF 構造体を解放する