Styled by PHP-manual.css
定義済の変数
PHP Manual

$_ENV

$HTTP_ENV_VARS [非推奨]

(PHP 4 >= 4.1.0, PHP 5, PHP 7)

$_ENV -- $HTTP_ENV_VARS [非推奨]環境変数

説明

環境変数として現在のスクリプトに渡された変数の連想配列です。

これらの変数は PHP パーサが実行されている環境から PHP のグローバル名前空間に取り込まれます。 その多くは、PHP が実行されているシェルに由来するものであり、 システムが違えばシェルも違ってくるため、確定的なリストを 得ることは不可能です。定義されている環境変数のリストについては 使用しているシェルのドキュメントをご覧ください。

CGI 変数を含むその他の環境変数も、 PHP がサーバーモジュールとして実行されているか CGI プロセッサとして 実行されているかに関わらずここに含まれます。

$HTTP_ENV_VARS は同じ情報を持っていますが、 これはスーパーグローバルではありません ($HTTP_ENV_VARS$_ENV は違う変数であり、PHP はそれぞれ別に扱います)。

変更履歴

バージョン 説明
4.1.0 $_ENV が導入され、 $HTTP_ENV_VARS は非推奨となりました。

例1 $_ENV の例

<?php
echo 'My username is ' .$_ENV["USER"] . '!';
?>

"bjori" がこのスクリプトを実行したとします。

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

My username is bjori!

注意

注意:

これは 'スーパーグローバル' あるいは自動グローバル変数と呼ばれるものです。 スクリプト全体を通してすべてのスコープで使用することができます。 関数やメソッドの内部で使用する場合にも global $variable; とする必要はありません。

参考


定義済の変数
PHP Manual