ゼロと無限の間に

フリーでオープンソースなJavaScriptとかPHPとか。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


javascript:date

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
最新のリビジョン 両方とも次のリビジョン
javascript:date [2008/02/07 23:57]
dgbadmin
javascript:date [2008/02/26 23:08]
dgbadmin
行 3: 行 3:
 JavaScriptのDateオブジェクトって意外と低機能。\\ JavaScriptのDateオブジェクトって意外と低機能。\\
 今のところ使い道は無いが、ちょっと拡張してみる。 今のところ使い道は無いが、ちょっと拡張してみる。
 +
 +コメントと更新履歴の参照は[[http://0-oo.net/log/category/date-js/|ゼロと無限の間のログ » date-js]]へどうぞ。
  
 ===== 拡張した機能 ===== ===== 拡張した機能 =====
行 8: 行 10:
   * ISO-8601形式へ変換できる   * ISO-8601形式へ変換できる
   * 暦的に正しい日付かチェックできる (月ごとの末日の違いなど)   * 暦的に正しい日付かチェックできる (月ごとの末日の違いなど)
 +  * その月の最終日を取得できる
  
  
行 15: 行 18:
 /** /**
     Date.js     Date.js
 +    @version 0.1.1
  */  */
 +
 Date.DAYS = ["Sun", "Mon", "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat"]; Date.DAYS = ["Sun", "Mon", "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat"];
 Date.MONTHS = ["Jan", "Feb", "Mar", "Apr", "May", "Jun", "Jul", "Aug", "Sep", "Oct", "Nov", "Dec"]; Date.MONTHS = ["Jan", "Feb", "Mar", "Apr", "May", "Jun", "Jul", "Aug", "Sep", "Oct", "Nov", "Dec"];
 +
 Date.padZero = function(value) { return ("0" + value).slice(-2) }; Date.padZero = function(value) { return ("0" + value).slice(-2) };
 Date.prototype.getTimeString = function() { Date.prototype.getTimeString = function() {
行 30: 行 36:
     return (offset > 0 ? "-" : "+") + Date.padZero(Math.abs(offset)) + (colon ? ":" : "") + "00";     return (offset > 0 ? "-" : "+") + Date.padZero(Math.abs(offset)) + (colon ? ":" : "") + "00";
 }; };
 +
 /** /**
     RFC2822の日付形式にする     RFC2822の日付形式にする
行 56: 行 63:
     return s;     return s;
 }; };
 +/**
 +    月の最終日を取得する
 + */
 +Date.prototype.getLastDate = function() {
 +    return new Date(this.getFullYear(), this.getMonth() + 1, 0).getDate();
 +}
 /** /**
     正しい年月日か調べる     正しい年月日か調べる
javascript/date.txt · 最終更新: 2008/05/07 23:19 by dgbadmin